スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

生保レディとGumroad

■見えないGumroad

繰り返し書いてきたように、Gumroadはシンプルな決済手段だけを提供するサービスに徹しています。ですから、誰がどんなコンテンツをGumroadを使って販売しているのかは、その売り手のソーシャルネットをフォローしているか、あるいは検索でもしない限り、まったく判りません。

もちろん以前にも紹介したように、gumixや、gumsafegumadなどのサイトで、どんなコンテンツがGumroadで売られているのか知る事は出来ます。ただ、どれが人気なのか売れてるのか、どんな評価を受けているのか、そうしたことは全く見えません。いろいろな人たちの話題になれば、やっとそれがGumroadで人気のコンテンツだと判るという感じでしょうか。




■見えないということのメリット

サービス自体が、実際に売れたり、購入したりするまで一切見えないということのメリットはなんでしょう? シンプルな決済手段の提供に徹して黒子のように振舞うGumroadは、ある人によれば法的な問題を回避する賢い選択だそうです。

が、同時に、無数の売り手に夢を与え続ける仕組みなのかもしれません。前述のように、具体的な売り上げ動向が判らないのですから、もしかして売れるんじゃないか…という期待を抱く人は、次々と現れるでしょう。悪い言い方をすれば、同じ失敗を繰り返す人が続くということです。それは即ち、Gumroadの利益(特に最低支払額以下の売り上げ)拡大に繋がるのでしょう。

もちろん、コンテンツを売る側にもメリットがあります。Gumroadが最初から決済以外の何もしないという姿勢ですから、売る為には自分の力で告知・広告をしなくてはならないと、誰もが判っています。つまり最初から自己責任と承知で始めるのですから、他者に甘える気持ちも起きないでしょうし、ダメでも比較的に納得しやすいかもしれません。

コンテンツの買い手にとってのメリットは、特に思いつきません。売られてるコンテンツの情報が得にくいというデメリットが、複数の外部サービスで軽減したとはいえ、やはりまだ不足な点があるのも、前述のとおりです。

こうした視点で見ると、なにか昔の生保レディと似ている気もしなくもありません。売る人を集め、その人の知り合い関係に売ったらそれで充分、また新しい人を入れる…。いやいや、ちょっと悪く考え過ぎですね。


Gumroadについて、思いつくまま書いてしまいました。

それでは、また。

↓もし記事が気に入ったら、おひねりをお願いします^^;
おひねり
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。