スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

陳列すべきは売り手

Ameroadさんに、こんなサイトになって欲しいという妄想を書き綴って来ましたが、その最後です。



■売り手のキャラクターがポイント

もしAmeroadさんが、ソーシャルネット内での売買を前提に考えているなら、今のような商品陳列型のサイト構成は止めて、売り手(出品者)を陳列すべきだと思います。もちろん、実名云々ではなくて、ツイッターアカウントをベースにしたものです。

ソーシャルネット内での売買で、もっとも重要なポイントは売り手のキャラクターでしょう。興味の無い人が作ったコンテンツを買う人は、少ないと思います。もっとも、興味が無ければフォローすらしてないでしょうが。

商品よりも前に、売り手が重要。それがソーシャルネットでの売買だと思います。

日頃の書き込みで、どんな事を考え、どんな風に感じ、どんなことに興味を持っているのか、あるいはどんな技能や経験・経歴があるのかを知り、その人の作ったコンテンツだからこそ欲しいという形が基本ではないでしょうか。




■売り手のSNSとユーザを繋ぐ

ただ、Gumroadのように、ソーシャルネットの関係だけで売買して下さい、という形に特化してしまうと、どうしても間口の狭さやアクセスのしにくさが問題になります。ネット内でまったく接触の無い方のコンテンツは、知ることすら出来ません。偶然、RTされたもので知るか、あるいはAmeroad、Gumroadというキーワードで検索して、たまたま目に入るかしか術が無いでしょう。

Gumroad場合は、それを商品紹介という切り口で補助するサービスが幾つか出ていますし、Ameroadの場合は自身のサイトでそれを行っています。しかし、そうした商品陳列式の方法は、何度も述べたように大きな問題点がありますし、なによりも適切だとは思えません。なぜなら、ソーシャル内での売買のキーである、売り手という存在を後回しにして、商品が前面に出ているからです。

商品の代わりに、売り手を陳列する方式にすれば、まず、出品された商品の洪水にサイトが溢れてしまうという問題は、かなり軽減されるでしょう。もちろんデータ保持の負担は変わりませんが、商品が主体の表示で無いなら闇雲に出品する人も少なくなるかもしれません。

なによりも、もっとも重要な売り手のキャラクターが前面に出ます。それはつまり、売り手のSNSへの入り口ともなるのです。




■具体的には

Ameroadさんの今のサイトをベースに、商品写真と販売者のツイッターアカウントの関係を逆転させます。つまり、販売者のアカウントやアイコンが主であり、商品は従という構成です。

販売者個々のページを生成します。そこには、ツイッターでのアイコンはもちろん、プロフィールや最近の呟き、今までに販売しているコンテンツの一覧が表示されます。販売者のキャラクターがひと目で判れば理想です。さらに販売者のSNSへの入り口にもなります。

つまり、販売者の名簿のようなサイト構成です。売れ筋も新着も、あくまで販売者が主として表示され、商品は従として扱います。誰が売っているか、誰の商品が売れているか、その売り手はどんな人か…それを全体を貫く基本とするのです。





と、勝手な妄想を膨らませてみました^^

しかし、なによりも、Ameroadのサイトには、「クリエーターとファンの架け橋に」と書かれているではありませんか。

今のサイトでは、商品と客を繋いでいるだけに過ぎないのではないでしょうか?


それでは、また。

↓もし記事が気に入ったら、おひねりをお願いします^^;
おひねり
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。