スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

Postorって?


同人販売最大手と言われる、DLsite.com が、Postorというサイトをオープンしたようです。Gumroadと同じような感嘆さと、自分のソーシャルネットでの告知を謳っていますが、詳細はどうなんでしょう?

現在、公開されている情報を整理してみました。



■DLsite.comのサークル登録(無料)が必要

まず、コンテンツを販売する人は、DLsite.comへのサークル登録(ユーザ登録?)が必須です。いきなりここで、最初のハードルが現れます。AmeroadやGumroadの簡単さとは、最初から違うようです。



■スタッフによるコンテンツ内容のチェック

次のハードルです。海賊版などを懸念する人からすれば、こうしたスタッフによるチェックがあるのは安心かもしれません。しかし、それなら今までのダウンロードショップで良いわけです。AmeroadやGumroadを意識したかのようなサービスなのに、最初からハードル続きなのは、ちょっと理解出来ません。



■販売価格は100円均一

販売価格は一律100円に定められていますが、これもちょっと理由が判りません。なにを狙った措置なのでしょう?



■データの容量は20MB以内

同人作品というジャンルに絞り込んでいるから、この容量なのでしょうか? それとも100円均一なのだから、その容量以内に収まる程度のもので良いということでしょうか?



■支払最低額は3千円

これまた、高いハードルです。しかし、どうやらDLsite.comでの売り上げと合算されるようです。また、「送金に係る金融機関の送金手数料はPostorが負担」ということですので、購入者側に全ての負担が掛かるようです。



■システム使用料は?

規約から、その部分を抜き出してみます。

第10条 本サイトの利用料金及び支払い
本サイトの利用料金の支払いに関しては、利用者はPostorが提供する支払い方法を選択し、Postorで決済します。
本サイトの利用料金は商品ごとに決済ページで表示され、算定方法およびその支払い方法なども決済ページに表示されます。なお、個別に支払い方法などが規定されている場合には、その条件に従うものとします。利用者は、利用料金などに係わる消費税およびその他、賦課される税を負担するものとします。


購入者が負担するようですが、その額は決済ページに行かないと判らないようです。先の振込み手数料の件も含まれるでしょうから、かなりの負担になりそうな気がします。



■従来のダウンロードショップと、何が違うの?


AmeroadやGumroadと同じようなサービスをイメージさせますが、内容を見ると従来のダウンロードショップそのままのように思えます。いったい何が違って、どんなメリットがあるのでしょう?



■狙いは、サンプルによる宣伝?

書いている途中で気が付いたのですが、このPostorというサービスの目的は、DLsite.comへの集客なのかもしれません。100円均一、20メガ制限、これらは、作家やサークルのサンプル作品の出品をイメージしているのではないでしょうか?

気にってくれれば、同じ作家のボリュームのある作品をDLsite.comで購入する…そんな誘導の為のサービスに、今の時点では見えます。つまり、従来のダウンロードショップを補完する追加サービス機能のようなものでしょうか。

もしそうであれば、従来のDLsite.comのユーザにはメリットのあるサービスでしょうが、新しいニーズを生み出すかもしれないAmeroadやGumroadとは、まったく別なものだと言えるでしょう。


とりあえず、今時点での感想です。

それでは、また!


↓もし記事が気に入ったら、おひねりを投げてやって下さい^^;
おひねり

スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。