スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

スマホで買ってみた!

■電子書籍とスマホの連携は最強

アップルやグーグルのストアは勿論のこと、他の電子書籍ストアでもそうですが、スマートフォンで購入してスマートフォンで読むのは最強の組み合わせです。どこでも、いつでも、手軽に購入して読めますから、電車での移動中や空き時間に使うと本当に便利です。

もちろんAmeroadでも…、これまた、とても快適です。ということで実際に、Ameroadでスマートフォンから電子書籍を購入してみました。手持ちのandoroidスマートフォンからです。


---------------------------------------------------------------------------------
■スマートフォンでAmeroadから電子書籍を買う

実際の購入手順を、画像でご紹介します。
※これも、文字と画像で見ると大変そうですが、実際には1分程度で終わります。


1、とりあえず、昨日の記事でご紹介した中の一つ、「トラウマ児童文学レビュー集 懐かしい傷」:100円 を、購入してみます。


2、まず、記事中のリンクをクリックします。

sm1.jpg



3、そうすると、Ameroadの購入ページが開きます。この価格ですと、選べる支払方法は四つ。支払方法の詳細は、この記事を参照して下さい。

今回は、Google Walletでの支払を選びました。andoroidのスマートフォンですから、アプリ購入などの為にGoogle Walletへのクレジットカード登録を済ませていたからです。andoroidユーザの、ほとんどの人がそうしているのではないでしょうか。

sm2.jpg



4、そうすると、Ameroadのサイトにログインする画面が出ます。ツイッターアカウントでのログインとなります。一度入力したらブラウザに記憶させておくと、次回から簡単でしょう。

sm3.jpg



5、ログインすると直ぐに、支払内容の確認画面が出ます。決済手数料が掛かりますので、ご注意下さい。

sm5.jpg



6、支払画面に移動すると、Google Walletのサイトに移動します。手続きの開始をクリックして下さい。

sm6.jpg



7、今度は、Google Walletが、支払内容を確認して来ますので、間違いが無ければ、同意して終了をクリックして下さい。

sm7.jpg



8、最後にもう一度、支払い内容が表示されて終了です。

sm8.jpg



9、支払が終了して、OKをクリックすると、自動的にAmeroadのサイトに戻り、貴方が購入したものの一覧が表示されます。

sm9.jpg



10、購入した一覧の中から、商品をクリックするとダウンロードが始まります。分かり易いように、ファイルの名前を変更しても良いでしょう。

sm10.jpg


---------------------------------------------------------------------------------
■さっそく読んでみる

ダウンロードが終わると、このファイルを開けるアプリの一覧が出ますので、好きなアプリで開いて読み始めるだけです。もちろん、後でアプリ側から開いて、いつでも読み始められます。

今回は、PDFの電子書籍でしたので、無料アプリの「Adobe Reader」で読めますし、お勧めは有料ですが「i文庫」です。本のようにページめくりが出来ますので、自然な感覚で読めます。

i文庫
sm01.jpg

Adobe Reader
sm02.jpg


では、購入した電子書籍を、さっそく読んでみます。

表紙はこんな感じです。↓

sm11.jpg


本文は、こんな感じです。↓

sm12.jpg



ちなみに、私が出している無料の電子書籍サンプル「寒椿」ですと、以下のような感じです。やはり、縦書きの方が読みやすい気がします。

sm13.jpg


sm14.jpg

★無料サンプルの「寒椿」で、実際にスマートフォンでの読み心地を試して見て下さい。思ったよりも快適ですよ。

他にも、50円で、「続・食の流儀」、「食の流儀」、「おんな」、「十怪」などを、Ameroadで販売しています。良かったら、読んでみて下さい。


---------------------------------------------------------------------------------
■ただ、電子書籍の数が…

スマートフォンからAmeroadで電子書籍を買って、そのまま読む。これは最強の組み合わせだと思います。簡単で便利で早いですから^^。これでいつでも、どこでも、スマートフォンで読書が楽しめます。

ただ、ちょっと残念なのは、Ameroadを使って販売している電子書籍が、まだ余り多くないことです。始まったばかりですから仕方ないのかもしれませんが、もっと多くのジャンルで、たくさん販売されると、ほんとうに便利になると思います。50円から販売出来るなんて、他にはありませんからね。

ぜひ試してみて下さい。


それでは、また。

↓記事が気に入ったら、おひねりを^^;
おひねり

スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。