スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

リニューアル Ameroad

■Ameroad、静かにリニューアル

昨日、3月5日の夜、Ameroadのサイトが、さりげなくリニューアルしたようです。

庶民的デザインから、ややハンサム系へ移行しました^^。それはそれで、喜ばしいのですが、よく見ると、サイトの構成そのものも変わっています。以前は、商品が掲載されるのはトップページだけでした。

それがトップページは、「売れすじアイテム」と「注目の新着アイテム」に絞れら、表示される商品の数がぐっと少なくなりました。シンプルです。

その代わり、「新着一覧」というメニューが追加され、こちらから過去の出品商品の全てが見られるようになっています。



■Ameroadの往く道

実は、このトップページは、今後どうするんだろう?と気になっていました。

出品商品が増えていけば、全てをトップページに掲載するのは不可能ですから、なんらかの対処が必要です。その場合、古いものを表示しないか、あるいは今回のように「新着一覧」のようなページや他の方法で、全ての商品を見られるようにするか…、どちらかの選択です。

前者であれば、AmeroadはGumroadと同じように、決済サービスだけを提供し、販売の為の広告や告知は、販売者が自分のSNSなりブログなりでやって下さい、ということになります。また後者であれば、販売者自身の広告はもちろんですが、Ameroadもストアとしての役割を果たしますよ、ということになるでしょう。

つまり、トップページの処理は、今後のAmeroadの往く道を明確に示すだろうと思っていましたので、とても注目していました。そして今回のリニューアルで、Gumroad的サービスだけでなくストアとしての機能も目指すことがハッキリ示されたのではないでしょうか。

もっとも、Ameroadは、デジタルフリマという言葉を使っていたように記憶してますので、最初からストア化は既定路線だったのかもしれませんが。

ストア化が明確になった以上、今後も、「検索(商品・出展者)」「カテゴリ」「ピックアップ」などなどの、新たな機能が追加されるのは間違いないでしょう。とても便利になりますし、面白い場になる可能性もあると思います。



■気になる出品数の少なさ


スピードでは、他を圧倒するAmeroadさんです。オープンして半月足らずの間に、次々に改善を行っていますし、決済方法の多様化も並行して実現しています。サポートに関しては、チラリと不満をツイートしただけで、まるで飢えた狼のように食いついて来てくれます^^)

見ているだけで、思わず期待してしまう、やる気に溢れたAmeroadさんですが…、気になるのが出品数が伸びないことです。ざっと確認したところ、今日時点では200点に足りない数です。対するGumroadは、おそらく日本人しか利用しないであろうGumad(Gumroadへ出品した商品を宣伝するサイト)さんで確認したところ、2000点を超えています。

同じ日本国内での利用という比較で、GumroadとAmeroadでは10倍もの差がついています。

なぜでしょう? 単に知名度の問題でしょうか? 今のところ、全く判りません。Gumroadも、米国の若者が始めた新興サービスに過ぎませんし、日本人から見た利便性を言うなら、Ameroadの方が遥かに上だと思うのですが…。

AmeroadとGumroadの決定的な違いは、決済方法と、システム使用料だと思います。

Ameroadは四種類の決済サービスを用意していますが、Gumroadはクレジットカードのみです。安全性を考えれば、Ameroadの方が、買い手にとって安心だと思います。

システム使用料については、Ameroadは買い手負担、Gumroadが売り手負担と、まったく逆な選択をしています。これがGumroadの出品数が遥かに多い原因でしょうか? 買い手に手数料を負担させることを、売り手が嫌っているのでしょうか? まだよく判りません。

最後に、売り手に販売代金が支払われる為の最低金額ですが、Gumroadが10ドル、Ameroadが2000円となっていますが、この二つに大して差があるとは思っていません。

なぜなら、Gumroadの言う10ドルとは売り上げではなく、手数料を引いた後の残り金額だからです。以前にも書いたように、1ドルの商品なら約16ドル売らないとデポジットが10ドルを越えません。対して、Ameroadの言う2000円とは売り上げ金額そのものです。



■耐えて頑張って欲しいAmeroad!


私の乏しい頭では、どう考えても、少なくとも日本人が日本人に売るなら、Ameroadというサービスがベストチョイスだと思うのですが、現実は全くそうなっていません。それがなぜなのか、今現在のところよく判らないのですが、今後の動向を見ながら、また考えていきたいと思います。

しかし、Gumroadのようなサービスにニーズがあるなら、一過性のものではなくて確かなニーズがあり広まるならば、必ずAmeroadが選ばれるでしょう。少なくとも日本国内では。

なぜなら、Ameroadの進化・改善とサポートのスピードが、ダントツだからです。また日本語で対応してくれる、日本の法律と常識が通じるというのは、非常に大きな安心になると思うからです。

まだ、ほとんどの人たちがAmeroadは無論、Gumroadさえ、その存在を知りません。しかし、幾つかの成功例が取り上げられ、メディアやツイートで広まりだしています。また、国内から後追い業者も出現しています。いずれ、ブレイクの時が来るのではないでしょうか。

その時まで、Ameroadさんには、今のスピードと熱意を維持してもらって、なんとか頑張って欲しいと、強く強く思っています。

それでは、また。


たまには、ぽちっと^^)
奢ってやんよ台紙4_r1_c1 奢ってやんよ台紙4_r1_c2 奢ってやんよ台紙4_r1_c3 奢ってやんよ台紙4_r1_c4 奢ってやんよ台紙4_r1_c5 奢ってやんよ台紙4_r1_c6 奢ってやんよ台紙4_r1_c7


スポンサーサイト
コメント:

単純に、著作権無視の違法ファイルや拾っただけのムダ画像が大量にあるからってだけじゃないでしょうか。
by: 白飯 * 2012/03/07 04:00 * URL [ 編集] | TOP↑


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。