スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

Ameroadは、GoogleWallet/BitCashが、お得!!

■Ameroadの決済代行手数料

Ameroadの、大きな特徴の一つとして、購入者側が、購入時に決済代行手数料を負担するという点があります。これによって、売り手は売り上げの100%(売り手の銀行口座への振り込み手数料は除く)を受け取ることが出来ますが、買い手側は、商品価格以外にも手数料という負担が発生してしまいます。

もっとも、売り手から直接買ったとしても、銀行などから代金を振り込むことになるので、やはり手数料は買い手が負担するのが一般的でしょう。それと同じ感覚で捉えることが出来れば、大きな障害にはならないと思います。ただし、Ameroadで購入する場合、複数の支払い方法があり、それぞれに決済代行手数料が違いますし、また価格によっても違ってきます。



■Ameroadの支払い方法は、4種類(今のところ…^^)

現在のところ、Ameroadの支払い方法は以下の、4種類になっています。

Paypal(ペイパル) 

Google Wallet(グーグルウォレット)

BitCash(ビットキャッシュ)

Androidアプリ内課金


※他にも、携帯電話でアクセスした場合は、携帯キャリア課金が可能だそうですが、普通の携帯を持って無いので、ちょっとよく判りません。正直、もう少し詳しい説明も欲しいなぁと、思わなくもありせん。


さて、この四つの支払い方法の中で、当ブログがお勧めするのは、Google Walletと、BitCashです。理由は簡単で、決済代行手数料が安いからです。Ameroadで、もっとも多い価格帯になるであろう50円から900円での、それぞれの決済代行手数料を較べてみれば、はっきりしています。

商品金額 PayPal Google Wallet BitCash
50円 使用不可 9円 9円
100円~250円 78円 29円 39円
300円~500円 108円 68円 78円
600円~900円 138円 118円 128円

商品金額 Androidアプリ内課金
50円 使用不可
100円~150円 89円
200円~250円 149円
300円~350円 198円
400円~450円 298円
500円~600円 388円
700円~900円 488円

Ameroadで何かを購入されるなら、Google Walletか、BitCashを用意しておく方が、お得だと思います。



■Google Wallet(グーグルウォレット)って、なに?

Google Walletは、Googleが提供する決済サービスです。去年まであったGoogle Checkout(アンドロイドスマートフォンでのアプリ購入などに使用されていた)も、このGoogle Walletに統合されています。まだ説明サイトが切り替わって無い部分もあって、ちょっと混乱しますが、同じものだと思えば良いでしょう。

Google Walletの始め方
http://support.google.com/checkout/bin/answer.py?hl=ja&answer=105406
Google Walletで、一度、クレジットカードを登録すれば、あとはGoogleのIDで支払いが出来るようになります。



■BitCash(ビットキャッシュ)って、なに?

こちらは、プリペイド式の決済です。先にコンビニやネットなどで、BitCashを希望額だけ購入し、ネット上での決済では、購入時に記載された16文字の平仮名を入力するだけで、決済が終わります。とうぜん、先に購入したBitCashの額以上は使えませんので、セキュリティ的にも、もっとも安心です。

BitCashの始め方
http://www.bitcash.jp/guide/
詳しく、丁寧な説明があります。



■買いやすい価格は?

Ameroadで購入する場合、買う側が決済代行手数料を負担するので、その額によって買い易い商品価格帯というのがあるかもしれません。もちろん、商品が魅力的であれば、手数料など気にしない人も多いでしょうし、気にしたとしても人によって金額の印象は様々でしょうが…。

ただ、価格と手数料のバランスを見ると、商品価格が50円で手数料が9円(GoogleWallet/BitCash)というのが、もっともハードルが低いように思われます(私はこの価格と手数料のバランスに、とっても魅力を感じます)。これが100円になると、手数料が29円(GoogleWallet)・39円(BitCash)になります。もし分割出来る作品なら二つに分けて、50円づつで売れば、買う側の手数料負担は18円で済みます。そんな工夫も必要かもしれません。

それ以上の価格帯になると微妙で、たとえば私なら、200円~250円の商品を買って29円の手数料なら気にしませんが、300円で68円の手数料を払うのは、正直ちょっと抵抗があります。なにしろまだ新しいサービスですから、売る側も買う側も慣れが必要なのかもしれません。

それでは、また。


・もしも、気が向いたら…^^
奢ってやんよ台紙4_r1_c1 奢ってやんよ台紙4_r1_c2 奢ってやんよ台紙4_r1_c3 奢ってやんよ台紙4_r1_c4 奢ってやんよ台紙4_r1_c5 奢ってやんよ台紙4_r1_c6 奢ってやんよ台紙4_r1_c7

スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。