スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

Ameroad、5000円の壁

期待の国産サービス、Ameroadですが、昨日の記事でも触れたように、(今のところ)5000円という壁があります。

その点を、規約上で調べてみますと、第10条の8に、こんな記載がありました。

「最後に売上が発生した日から1年以内に未払売上の累計額が当社の定める金額を超えない場合、及び本規約が解除された時に未払売上の累計額が当社の定める金額を超えていない場合には、未払報酬の請求権は消滅するものとします。いったん未払報酬の請求権が消滅した場合、その後に、報酬が発生しても、消滅した未払報酬の請求権は、復活しないものとします。」

つまり、最後の売り上げから一年が経過して、なおかつ売り上げが5000円を越えていない場合は、それまでの売り上げが全てAmeroadさんのものになるということです。

うーーん。



最低金額にせよ、期間にせよ、一定の制限を掛けないと成り立たないというのは、よく理解出来ますし、当然だと思います。

が…。

5000円…。

この設定が、ちょっと高過ぎるのではないでしょうか?

Ameroadにしろ、Gumroadにしろ、多数の人に売る為の仕組みだとは、私にはどうしても思えないのです。

何度も繰り返しているように、もっと小さな、個人的なコミニュケーションの一つだと考えています。

そこに、お金というリアルな重さがあるからこそ、今までのネット上のコミニュケーションとは違った、新しいものになると期待しているのです。



そうした視点で見ると、この5000円という壁は、あまりに高過ぎるように思えてなりません。

せめて2000円くらいにならないものでしょうか…。

経営が成り立たないならば、仕方ないことでしょうが、それでは逆に大きなブレイクを起こせない気がします。

どうでしょう?

スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。