スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

試してみましたAmeroad!!

開発から売却までのスピーディなドラマが話題になった「Ameroad」ですが、ベータ版としてサービスを開始したようです。

Ameroad

もちろん、さっそく試してみました^^。



言い訳無用のシンプルさ!

ハードルが一つ低くなるだけでガラリと変わる、そんな言葉を前回の記事でも引用しましたが…。Ameroadは、一つどころか、二つ三つもハードルが低くなっています。

なにしろ、売り手の側ですらユーザ登録が不要です。ツイッター連携でログインすれば、すぐさま商品のアップロードが可能なんです。Gumroadですら、売り手はユーザ登録があったのに…。商品とプレビュー用の画像があれば、一分足らずで販売が始められます。これ以上のシンプルさは無いでしょう。

買い手の方もシンプルです。買いたい商品をクリックして、PayPalかGoogleWalletでの支払いを選ぶだけ。クレジットカード番号の入力は必要ありません。大手決済システムを信用するなら、本当に簡単かつ安心して買い物が出来ます。このシンプルさは、劇的です。



・12時間以内に一つ売れた

試しにアップしてみた商品は、以下のPDF形式の電子書籍2点です。

おんなhttp://ameroad.net/?m=m_detail&id=1202252302_7f5f970e0727db83893b5

十怪http://ameroad.net/?m=m_detail&id=1202261227_9b11424352cf7d5ac70c8

結果は、「おんな」 閲覧数110で、販売数が1。「十怪」は、閲覧数31で、販売数ゼロ。

ちなみに、Gumroadでは、「おんな」が閲覧数42で、販売数0。「十怪」は、閲覧数1776で、販売数ゼロ。
Ameroadで買ってくれた人の情報は判りませんが、サービスを試したにしろ、あるいは私のフォロアーさんが同情してくれたにしろ、閲覧数では圧倒的に多いGumroadではなく、Ameroadで買ってくれたという事が、大いに気になります。他の商品を見ても、販売数こそ少ないですが、売り上げを立てることに成功している商品が、Ameroadでは多いように感じます。

まだまだデータが無いので推測ですが、やはりクレジットカードの番号を入力するのではなく、PayPalのような支払いサービスを使えるのが大きいのではないでしょうか? なにより手軽ですし、それなりの信用がある決済サービスです。そのことが買い手のハードルを大きく下げているように思います。

なら、Ameroadの方が、本家のGumroadより、良いじゃん!って、思ってしまいそうですが…。世の中、そんなには甘くないようです。



・Ameroadで気になる点

先にも少し書きましたが、今のところ購入者の情報が販売者に来ないようです。Gumroadなら、購入者のメールアドレスが販売者に知らされ、誰が購入したか判りますし、購入者に連絡することも可能です。しかし、Ameroadでは何も教えてくれません。それが仕様なのか、あるいは今後変わるのか、とりあえずメールで問い合わせてみました。お返事があれば、またこのブログでお報せします。もし仕様ならば、使い方に一定の制限が出ることになります。

★回答がありました!
日曜の夜に問い合わせメールをしたのに、@ameroad さんから、すぐさまお返事を頂きました。もしかして年中無休24時間体制か…^^

購入者のTwitterIDは商品管理の画面で表示されます。でも、買う時に購入者が選べるん感じになっています。

なるほど、購入者が選べるんですね。それはとても良いと思います。これで一つ懸念が晴れました^^


もう一つ気になるのが、五千円の壁です。つまり、Ameroadでは、売り上げが五千円達したら、翌月の20日に販売者の口座に手数料を差し引いて振り込まれるという仕組みです。この五千円の壁を越えるのは、普通の人にとって中々難しいかもしれません。Gumroadでは10ドルだったはずです。

規定金額に達しない売り上げは、法律的にどうなるのか判りませんが、死蔵された状態でAmeroadの資産のようになるのでしょう。手数料や手間を考えたら、下限を設けざるを得ないのは判りますが、ちょっと高過ぎないでしょうか? 売れたけど五千円に達しないから、手元に入らないという人が続出しそうな気がします。


手数料は15%ですが、希望の口座に振り込んでもらう為に、振込み手数料が掛かるでしょう。売り上げが最低金額をクリアした五千円として、750円が手数料、銀行口座への振込み手数料がおよそ210円として合計960円。販売者の手元には4040円が入るわけです。Gumroadとの正確な比較は、またどこかでされるでしょうが、Ameroadの手数料は決して悪い数字だとは思いません。直接、希望の銀行に振り込んでくれるのも、凄く便利です。

ただ、いかんせん5千円というのが厳し過ぎる…。2千円くらいに成ればなぁ~^^ 

んで、銀行の振込み手数料って、暴利だと思うなぁ~^^



気になる点は幾つかありますが、簡単という意味では群を抜いているAmeroad。ましてや国産のサービスです。ぜひとも、社会を変えるようなサービスに成長して欲しいと思います。

大、大、期待です!



スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。