スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

「値段と価値」について

Ameroadで、ダントツの売り上げを記録した、「イースI・II製作メモ」ですが、販売者である、岩崎啓眞@snapwithさんが、「値段と価値」という記事をブログで書かれています。


ちょっとポイントを引用させて頂きます。

つまり、僕は「この情報には600円ぐらいの価値があると考えており、それが気に入らない人は買わなくて構いません」と考えた、ということだ。

みんなすごく安い値段をつけているのだけど、正直、僕には「なぜ安い値段をつけるのか」わからない。

安くすれば売れる物じゃあないと思う。

心に響かなければ10円でもいらないし、ハマれば100000円でも買う

自分の信じる値段をつけたほうが後悔がなくていい




なにしろ、実際に売り上げを挙げた人の言葉だから、とても重みがあります。総売上が二千円に満たない私が、異論を書くのも気が引けます。

しかしあえて言えば、岩崎啓眞@snapwithさんのような方には当てはまっても、たぶん他の多くの人たち、特にAmeroadやGumroadなどのサービスの出現によって簡単にコンテンツを販売出来ると期待した人たちにとっては、必ずしもそうでは無いのではないでしょうか。

安くすれば売れる物じゃあないと思う。
これはその通りだと思います。たとえ50円でも、安いから買うという人は少ないでしょう。

心に響かなければ10円でもいらないし、ハマれば100000円でも買う
これもその通りだと思うのですが、問題は、そのコンテンツが買い手の心に響くものだと、どうやって知って貰うのかということです。

岩崎啓眞@snapwithさんのように、その分野で著名な上に、『イースI・II』という人気だったゲームの開発者でもある方が、その経緯を電子書籍に纏めたら、その分野に興味ある人にとって、それがどれほどの意味を持つのか理解するのは簡単でしょう。

あるいは具体的な用途がハッキリとしてるもの、たとえば特定のノウハウが得られるコンテンツや、使用目的が明確なイラストや写真、コード、音楽などでしたら、これもまた安いから買うということは無くて、目的に合う内容と価格かどうかだけがポイントになるでしょう。




しかし、オリジナルの物語や音楽を売ろうとする人にとっては、事情がまったく違うように思います。

まず、購入する側の目的が非常に曖昧です。楽しめる物語や音楽があれば…という感じの大雑把な感じで、コレでなくてはならない…という明確なものではありません。

ところが、特に無名の人の電子書籍などですと、そのコンテンツが購入者の心に響くものかどうかは、やはり通しで一冊読んで貰わないと判りにくいだろうと思います。あるいは半分程度を無料で公開し、残りを有料にするとかという手もあるかもしれませんが。

いずれにせよ、紹介記事かサンプル程度しか判断基準の無い、無名の人の電子書籍を一冊を通して読んで貰う為には、やはり価格は重要な要素になるのではないでしょうか。少なくとも、どういう作品を、どの程度の品質で書く人なのかというのを知って貰う為には、安価なサンプル的作品が有る方が良いと思います。

そうであれば、それは価格が安いほど、手にして貰い易いのではないでしょうか。




これは〇〇円の価値がある、思わない人は買わなくて良い…というのは、その内容が容易に推定出来るコンテンツや、そうした作り手の場合には、まさに正論だと思います。(そうした作り手やコンテンツは、AmeroadやGumroadでなくても、既存の販売ルートでも売れると思います)

しかし上記のような、AmeroadやGumroadの出現に興奮した多くの無名の作り手にとっては、ある段階での価格設定は安いほど良いのではないでしょうか。

いつものように、思うままダラダラと書いてしまいました。


それではまた。

↓もし記事が気に入ったら、おひねりをお願いします^^;
おひねり
スポンサーサイト
コメント:
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2012/04/11 17:06 * [ 編集] | TOP↑


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。