スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

ギフトな時代?

以前に、ブロガーさんへ 「おひねり」を付けませんか?という記事を書きました。Ameroadの決済機能を使って、ユーザからおひねりという形のカンパや評価を貰おうという内容です。以下の↓ようなバナーを目印とリンクに使っています。

おひねり



ところが、迂闊にも最近になって知ったのですが、アマゾンのギフトを使えば、もっと簡単で自由に、しかもダイレクトで手数料も掛からず、ほぼ同様のことが出来るようです。アマゾンを使ってショッピングしている人なら、相手のメールアドレスだけで、希望の金額相当のギフトを送れるのですから、実に便利です。

自由に金額を決められるのは、小切手を切る感覚に似ているかもしれません。アマゾンの決済システムなら信用性も高いですし、貰った側も殆どの商品に使えますから現金に近い利便性があります。これは「評価や感謝、嬉しさを贈り合うギフトの時代」にぴったりかもしれません。

※相手のメアドだけでアマゾンギフト券を贈れるメールタイプは、15円から50万円の範囲で自由に金額を指定出来る。
※Eメールタイプは発行から1年が有効期限。
※ごく一部の対象外商品がある。詳しくはAmazonギフト券細則 を参照。

簡単かつ安心で金額も自由。しかも手数料は無しです。そして商品購入なら、ほぼ現金と変わらないほど何でも買えます。ギフトにメッセージを添えることも出来ますし、コンテンツの応援にはぴったりかもしれません。とりあえず、専用のバナーを作ってみました^^↓

アマゾンおひねり




以前にも書きましたが、ソーシャルネットの中で簡単にお金のやり取りが出来るということは、誰でも簡単に儲けられるということではなくて、「評価や感謝、嬉しさを贈り合うギフトの時代」の始まりではないでしょうか。

ギフトの時代。これは、またゆっくり考えてみたいと思います。


それではまた。


↓もし記事が気に入ったら、おひねりをお願いします^^;
おひねり

↓あるいは、豪快に金額を書き込んで…^^;
宛先:yasegaman96@gmail.com
アマゾンおひねり
スポンサーサイト

おいっ!生きてるか? Gumroad!

なんか、サーバダウンしていることが普通で、動いている方がラッキー!

みたいな、Gumroadですが、それじゃやっぱり困ってしまいます。

おまけに、用がある時に限って、待ってましたと言わんばかりにダウンしているのですから。

そんな不満や不便を感じている人に、朗報です。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


GumroadのURLを秘匿する、「gamsafe」を作ってくれた、
@kituneponyo
さんが、便利なツールを作ってくれました。

名付けて、「gumroad心電図くん」!

先生! 心電図が!!

エピを、20ミリ! 急げ!



…ということで、@gumroadPING さえ、フォローしておけば、Gumroadくんが死んだ時や、復活した時に呟いて教えてくれるそうです。

詳しくは、「gumroadのサーバの状態を監視する「gumroad心電図くん」をリリースしました」を、お読み下さい。

これで、居ながらにして、Gumroadの生死を知る事が出来るわけです。

ありがたいなぁ~^^

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


とか言ってる間に、TLでは、モバキッズさんによる販売プラットフォーム「Synapse(シナプス)」が、話題になっているようです。

ざっと見たところ、名前の通り「知識」を売るということのようです。

さらに、Gumroadより安全性が高いようにも紹介されています。

ただ、登録や出品は、Gumroadほどの簡単さでは無いようです。

詳しくは、また明日にでも書くつもりですが、私がGumroadに感じた可能性とは、違う方向を目指しているのだと感じました。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Gumroadを、いろいろな意味でスキが有り過ぎると多くの人が批判します。

また、そのスキを無くしたプラットホームを作ろうとしている人もいます。

でも、それって方向性が違うように思えてなりません。

Gumroadのポイントは、簡単さと手数料の安さです。

私の意見では、セキュリティよりも簡単さが優先されるべきサービスだと思います。

手数料も同様です。

だって、そもそも、Gumroadで大量販売など出来ないでしょうし、する意味が無いのではないでしょうか?

そんなに儲かるほど売れる人なら、既存の販売方法で充分に用は足りると思います。

Gumroadの使い方は、そんな方向では無い、リアルタイムと場所を軸にした個人の出会いだと思うのです。


…なんだか、同じ話になってしまいました。

それにしても、日本人って、やっぱり真面目だなぁっと思います。


では、また明日。

gumixは、カッコいい!

Gumroadを使って販売している商品を紹介するサイトが、幾つか出来つつあります。

gumix も、そんな一つです。

ただ、gumix は、カッコいいんです。

色使いも見せ方も、けっこう好きですね~


まぁ、それは置いて、見てて思った事が幾つかあります。

まず、「なんか、どんどん増えてない? それも、すげー勢いで?」

ということです。


なにしろGumroadは、売る側にとって何も初期コストが掛かりませんし、PayPalさえ登録していれば、後は簡単至極です。

なにか売れそうなデータを持ってたり、アイディアがひらめいたら、誰でも直ぐにチャレンジできます。

商品があって、PayPal登録が出来ている状態からなら、Gumroadで売る事は三分と掛からないでしょう。

もちろん、チャレンジ出来るということと、売れるということは別ですが。

しかし、以前の記事にも書いたように、儲けるとか儲かるとかだけが、お金の存在意義では無いと思います。


人間には認められたいという欲求が常にありますが、見知らぬ人、特にネットのように顔すら判らない人から認めてもらえたと実感するには、小額であろうと金銭というリアルさが必要なのではないでしょうか。

儲けというにはほど遠い金額であっても、誰かが貴方を認めてリアルなお金を出してくれた…。

そのことに、大きな勇気ややりがいを感じる人は、少なく無いはずです。

本当の儲けは、今までやって来た方法や世界で頑張りましょう^^


創造力やアイディアを思うまま伸ばして、それを人に公開し、認められる喜び。

そんなチャンスがある場だと、Gumroadのようなサービスを捉えたら、もっと楽観的になれるのではないでしょうか。

無数の商品がアップされて行く中で、刺激や反応が起こり、とんでもなくユニークなものが出てくるかもしれません。

あるいは、参加している人たちの創作やアイディアのレベルを変えるかもしれません。

gumixや、gumsafe.comのような、周辺のサービスが出てくることで、より変化は促進されるでしょう。




気が付いた二点目は、心配していたエロが、目に付かないことです。

どうやら、gumix では、ある程度のチェックをしているそうです。

gumsafeでも、やはり可能な範囲でのチェックをしていると、仰っていました。

その努力のお陰でしょうか、エロ画像がズラリと並ぶ光景を、これらのサイトでは見かけませんでした。

うん、やっぱりこっちの方が良いなぁ。

エロは、それ専用の場でやって欲しいなと思います。

あるいはカテゴリー別けかなぁ。


あんまり纏まりが有りませんが、とりあえず、gumix のご紹介でした。


それでは、また明日。



GumroadのURLを秘匿する、Gumsafeその2

GumroadのURLを秘匿する、Gumsafeの記事を書いたら、その日の内にGumsafe開発者の@kituneponyo さんから、コメントを付けて頂きました。

どこで見てたんでしょう^^

そのコメントで、先の記事に書いた疑問点が解消されました。

いや、それどころか、@kituneponyo さんのツイートを見てみると、さらに秘匿性を高めた改善をされているようです。

スピーディです。

早いです。

年齢は存じ上げませんが、「若い=早い」の法則に照らすと…略^^


こうしたスピード感は、新しいサービス、それも人々の注目を集めるサービスであるほど、その周囲で感じられるワクワク感です。

面白いサービスは、その本体だけでなく、期待する周囲のユーザが、さまざまな工夫や外部サービスを生み出して、どんどん活気を帯びていくのだと思います。

Gumroadへの注目は、確かに東京だけの特異なものなのかもしれませんが、それでもGumroadの周囲にある活気やスピード感は、ブレイクを予感させるに充分ではないでしょうか。

なによりも、とても楽しいし、ワクワクします。


さて、@kituneponyo さんが答えて下さったGumsafeへの疑問点、そして早くも強化された秘匿性の機能を、ちょっと書いて置きます。



■疑問1、Gumsafeのメリットは?

決済が、そのままGumroadのサービスで行われるとすると、Gumsafeのメリットはなんだろう?

というのが最初の疑問でしたが、実に壮大な野望が、いや、違います^^

あくまで、あれば便利な仕組みだということで、作って下さったようです。

とっても嬉しいし、ありがたいです。

こういう人たちがいて、ネットもアプリも進化してきたのだと思います。


■疑問2、Gumroadのダウンロード用URLがバレたら、そっちからDLされて同じことでは?

これは、要するに自分でGumroadの販売リンクのURLを広めなければ良いだけのことです。

商品登録した段階では、自分以外にその販売リンクのURLを知っている人は、Gumroad以外に居ないのですから。

しかし、万が一のURLバレを想定して、Gumsafeは新機能を追加したようです。

それについては、下に書きます。


■Gumsafeの新機能

詳しくは、こちらをご覧下さい↓

gumsafe 開発ブログ http://gumsafe.hatenablog.com/


つまり、ダミーファイルをGumroadにアップしておいて、別な場所に本物のデータをアップし、Gumroadの決済機能だけを使うということです。

※gumsafeの画面




ちょっと流れを書いてみます。

・売り手
  ↓
Gumroadへダミーファイル登録
  ↓
プレビュー画像は通常通り登録
  ↓
自分のアップロードできる場所に、本物のデータをアップロードしておく
  ↓
gumsafe.comへアクセス
  ↓
gumroad URL に、gumroadで表示された販売用URLを記入
  ↓
★contents URL に、本物のデータをアップしたURLを記入。
  ↓
他の項目を記入して終了

これで、本物のデータがあるURLは、あなたしか知らないことになります。

実に安全です。

ん? そういえば、もう一人、知っている人が…


■新たな疑問

gumsafeの新機能を利用すれば、本物のデータがあるURLは、あなたと、gumsafeしか知り得ません。

ここで、新たな疑問が…。

gumsafeさんって、信用して良いのかな…^^

中の人である、@kituneponyo さんは、某業界では有名な方のようですし、ツイートを追う限り、良い人のようにも思います。

でも、やはりこうした疑問は出るようで、以下のようなやり取りを見つけました。
tw.jpg

どう判断されるかは、使う人次第だと思います。


ただ今の段階は、Gumroadにワクワクした人たちが、出来ることや改善策をテストしている状況でしょう。

その段階で否定していけば、何も生まれ無いのではないでしょうか。

Gumroadや、それに付随する外部サービスの信用性は、もちろん今後の課題なのは間違いありません。

出来るなら早く、購入者の支払いをPayPalで出来るようにしてくれれば良いんですが…。



とにかく、その他にも、さまざまな人がGumroadやGumsafeを使った実験を行い、より面白い使い方、より安全な使い方を模索しています。

そのスピーディで熱い動きこそ、Gumroadのエネルギーとなるでしょう。

評論するより、まず参加してみませんか。

GumroadのURLを秘匿

Gumroadは、デジタルデータを手軽に売買出来るシステムです。

もちろんアイディア次第では、もっといろいろな使い方が出来るでしょうが、とりあえず基本は上記の通りです。

そして購入者には、その購入したデジタルデータが保存されている場所、つまりネット上ですからURLが伝えられます。

そこからダウンロードして、購入が完了という流れです。



ところが、Gumroadが知られた最初の頃から、購入者が知ったURLを他の人に教えたらどうなるの?という指摘がありました。

当然、お金を払わず、いわばズルして販売されているデータを手に入れる事が出来ます。

本来ならば、Gumroadの側が、それが出来ない仕組みを提供すべきですが、なぜか今のところ気にして無いようです。

そんな中、GumroadのURL秘匿サービスというのが、出来たようです。

もちろん、Gumroadの本家とは別の人たちによるものです。

----------------------------------------------
gumsafe.com
Gumsafeを使えば、URLを知られることなく、ファイルのみを販売できます。
----------------------------------------------


さっそく、こんな記事が出ていました。

GumroadのURL秘匿サービス「Gumsafe」を使ってみた
http://lunaticprophet.org/archives/12967


で、私も使ってみました。

まず、一応の流れを整理します。
※ただし、今現在のところで、私が理解している範囲です。間違いがあれば、教えて下さい。



■Gumroad本来のサービス------------------------------

・売り手
  ↓
Gumroadにデータアップと値付け
  ↓
Gumroadから販売用URLを貰う
  ↓
売り手は、自分のSNSなどで販売用URLを宣伝する
  ↓
後は売れるのを待つ
 

・買い手
  ↓
SNSなどで知った販売用URLにアクセス
  ↓
気に入ったら購入
  ↓
Gumroadから、商品ダウンロードのURLがメールで来る
  ↓
そのURLへアクセスして、ダウンロードする…★他の人に教えるという悪さも可能
  ↓
完了



■Gumroadと、Gumsafeを使った場合------------------------------

・売り手
  ↓
Gumroadにデータアップと値付け
  ↓
Gumroadから販売用URLを貰う
  ↓
売り手は、Gumroadから貰った販売用を、Gumsafeのサイトで入力する
  ↓
Gumsafeから、新たに販売用URLが示される。
  ↓
売り手は、自分のSNSなどでGumsafeから貰った販売用URLを宣伝する
あるいは、自分のブログに、Gumsafeが自動生成したブログパーツを貼り付ける
  ↓
後は売れるのを待つ


・買い手
  ↓
SNSなどで知った販売用URLにアクセス
あるいはブログ上のブログパーツから
  ↓
必要事項を記入して購入をクリックすると、自動的にデータのダウンロードが始まる
  ↓
完了



つまり、Gumsafeを使うことで、ダウンロード用のURLを示すこと無く、自動的にダウンロードさせるということのようです。

購入者は、データのあるURLを知ることが出来ませんから、他者に教えることも出来ません。

こうして、Gumroadの欠陥の一つが、外部サービスを使うことで無くなるわけです。

下は、試しにやってみたもので、ブログパーツとして貼りこんでみました。

こここで記入して、支払いを押せば、それでダウンロードが始まるはずです。

非常にシンプルで、簡単です。






ただ、よく判らない点もあります。

Gumsafeは、登録も無しでサービスが利用出来ます。

ということは、決済等は、そのままGumroadのサービスで行われるということでしょう。

とすると、Gumsafeのメリットは何があるのでしょう?


また、Gumroadで商品登録をしたURLが必須ですから、Gumroad経由で購入した人はダウンロード用URLが判るわけです。

なら、リスクは、今までと同じでは?

なにか私が勘違いしているのでしょうが、その二点が今のところ分かりません。

ただ、Gumroad自身に欠点があっても、外部の人たちが、それを補うサービスを展開して、より良いものになって行くのは、見ているだけでワクワクします。

では、また明日。




| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。