スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

Ameroadで仲間を作る

■自分のソーシャルネットでコンテンツを売るには

Gumroadにしろ、Ameroadにしろ、コンテンツを出品して、後は自分のソーシャルネットで宣伝すれば売れる…という人たちは別にして、そうでない大多数の人たちが、それでも売れるようになりたいと思ったら、どうすれば良いのでしょう?

オーソドックスな方法は、自分のソーシャルネットで、売りたいコンテンツに関連した話題を増やしながら、その話題に興味を持ちそうなフォロアーを増やしていくことでしょう。その上で、あまり煩がられない程度の間隔で、定期的に販売中のコンテンツを紹介するのが基本です。

自分のソーシャルネット内で売れないコンテンツが、何かの偶然で他の場所で話題になって売れるなんてことは、まず有りません。Gumroadの場合、そのコンテンツの存在すら、自分で告知宣伝しないと判りません。また、Ameroadでは、コンテンツをサイトに陳列してはくれますが、それぞれの閲覧数を見れば判るように、そこでの集客効果を期待するのは無理です。

とにかく自分のネットワークの中で、自分が売りに出したコンテンツを広めるしか方法はありません。



■共通点のある仲間を作る

もし、一人では無理だと感じたら、あとは仲間を作るしかないでしょう。もちろん仲間といっても誰でも良いわけではなくて、共通点が必要です。それも、他の人たちが見てはっきり判る共通点が必要です。

仲間として協力し合う目的を明確にした上で、「ジャンルを絞る」、「共通する名称を付ける」というような感じでしょうか。他にも、大よそのボリュームであるとか、およその発行間隔であるとか、仲間同士の協力の方法や、あるいは定期的なイベントのようなものがあれば、より効果的かもしれません。

ちょっと、そうした形を、試案として書いてみます。



■【59文庫】という試案

まず、この仲間を作る目的ですが、より多くの人に自分たちのコンテンツの存在を知って貰い、出来るだけ気軽に購入してもらうこととします。言葉を変えれば、手軽なサンプルを定期的に皆で出し合うという感じでしょうか。

※とりあえず、最低販売価格の低いAmeroadを使う想定です。


・名称=【59文庫】

・ジャンル=PDF電子書籍(物語・絵本・写真集など)※出来れば縦書き、スマホサイズに合わせて。

・価格=50円均一(決済手数料を含めて59円)

・タイトルの一部に、【59文庫】の表示を入れる

・どこかのブログかサイトに、メンバーの既刊分をリスト化する

※互いの協力としては、相互フォローし、コンテンツ出品時にはRTで拡散に協力するとか、月に一度程度で書評を出し合うなど…。

最低限の決まり以外は、成り行きで良いと思います。そんな形で仲間を作り、互いに刺激し合いながら、また多くの人に告知して行くことが出来れば、一人でやるよりも可能性は広がるのではないでしょうか。

とりあえず私は、一人で【59文庫】を始めてみようと思います。もし、電子書籍をAmeroadで、本気で売ってみたいと思う人がいたら、ぜひ参加して下さい。無料ソフトであるオープンオフィス用の、縦書きスマホサイズの書式設定ファイルも提供します。


それではまた。


↓もし記事が気に入ったら、おひねりをお願いします^^;
おひねり
スポンサーサイト

陳列すべきは売り手

Ameroadさんに、こんなサイトになって欲しいという妄想を書き綴って来ましたが、その最後です。



■売り手のキャラクターがポイント

もしAmeroadさんが、ソーシャルネット内での売買を前提に考えているなら、今のような商品陳列型のサイト構成は止めて、売り手(出品者)を陳列すべきだと思います。もちろん、実名云々ではなくて、ツイッターアカウントをベースにしたものです。

ソーシャルネット内での売買で、もっとも重要なポイントは売り手のキャラクターでしょう。興味の無い人が作ったコンテンツを買う人は、少ないと思います。もっとも、興味が無ければフォローすらしてないでしょうが。

商品よりも前に、売り手が重要。それがソーシャルネットでの売買だと思います。

日頃の書き込みで、どんな事を考え、どんな風に感じ、どんなことに興味を持っているのか、あるいはどんな技能や経験・経歴があるのかを知り、その人の作ったコンテンツだからこそ欲しいという形が基本ではないでしょうか。




■売り手のSNSとユーザを繋ぐ

ただ、Gumroadのように、ソーシャルネットの関係だけで売買して下さい、という形に特化してしまうと、どうしても間口の狭さやアクセスのしにくさが問題になります。ネット内でまったく接触の無い方のコンテンツは、知ることすら出来ません。偶然、RTされたもので知るか、あるいはAmeroad、Gumroadというキーワードで検索して、たまたま目に入るかしか術が無いでしょう。

Gumroad場合は、それを商品紹介という切り口で補助するサービスが幾つか出ていますし、Ameroadの場合は自身のサイトでそれを行っています。しかし、そうした商品陳列式の方法は、何度も述べたように大きな問題点がありますし、なによりも適切だとは思えません。なぜなら、ソーシャル内での売買のキーである、売り手という存在を後回しにして、商品が前面に出ているからです。

商品の代わりに、売り手を陳列する方式にすれば、まず、出品された商品の洪水にサイトが溢れてしまうという問題は、かなり軽減されるでしょう。もちろんデータ保持の負担は変わりませんが、商品が主体の表示で無いなら闇雲に出品する人も少なくなるかもしれません。

なによりも、もっとも重要な売り手のキャラクターが前面に出ます。それはつまり、売り手のSNSへの入り口ともなるのです。




■具体的には

Ameroadさんの今のサイトをベースに、商品写真と販売者のツイッターアカウントの関係を逆転させます。つまり、販売者のアカウントやアイコンが主であり、商品は従という構成です。

販売者個々のページを生成します。そこには、ツイッターでのアイコンはもちろん、プロフィールや最近の呟き、今までに販売しているコンテンツの一覧が表示されます。販売者のキャラクターがひと目で判れば理想です。さらに販売者のSNSへの入り口にもなります。

つまり、販売者の名簿のようなサイト構成です。売れ筋も新着も、あくまで販売者が主として表示され、商品は従として扱います。誰が売っているか、誰の商品が売れているか、その売り手はどんな人か…それを全体を貫く基本とするのです。





と、勝手な妄想を膨らませてみました^^

しかし、なによりも、Ameroadのサイトには、「クリエーターとファンの架け橋に」と書かれているではありませんか。

今のサイトでは、商品と客を繋いでいるだけに過ぎないのではないでしょうか?


それでは、また。

↓もし記事が気に入ったら、おひねりをお願いします^^;
おひねり

陳列すべきものは商品か?

今日もまた、Ameroadさんをベースに、勝手な妄想を膨らませてみます^^



■埋め尽くす恐怖

昨日の記事で、今のAmeroadの、商品を陳列するようなサイト構成は、疑問だし危険だと書きました。出品時でのツイッター制限も無くしたことですし、これからどんどん出品商品が増えるかもしれません。誰でも気軽にコンテンツを売りに出せるのは、出品する側からすれば素晴らしいことです。

しかし、サイト運営側やサイトで商品を購入する側からすれば、良いことばかりではありません。コンテンツを売りに出す側が簡単で一切のリスクが無い以上、極端な話ですが毎日適当に撮った写真を出品することだって可能です。まったく売れなくても何のリスクも無いのですから。

もしそうなったら、サイトの運営側は無意味な負担が増大することになりますし、他の商品がどんどん埋もれていきます。またサイトで何か買おうと探している人も、そんな商品ばかりが目に入ったら、愛想を尽かすでしょう。

商品として疑問符の付く膨大な商品がサイトを埋め尽くす…その負担に、運営側も購入ユーザも参ってしまうかもしれません。

一方、商品陳列など一切しないGumroadでは、どれほど商品が出されようが、どんな品質だろうが、まったく負担がありません。逆に収益のチャンスが増えるだけです。これこそまさに、Gumroadのコンセプトと直結する話です。



■そもそもAmeroadの目指す方向は?


なぜAmeroadのサイトが、今のような商品陳列型にしたのか判りません。そしてそれは、Ameroadが何を目指しているのかも判らなくしているように思います。

Gumroadから派生したAmeroadですから、やはり基本としてのコンセプトはGumroadと同じ路線を目指して欲しいのですが、今のような商品陳列型サイトを見ると、ストア型を目指しているように思えてなりません。しかし、いくら手数料が安いからと言っても、集客力がものを言うストア型で、しかも既に世界規模の大手が確立している中で、Ameroadが勝ち残って行くとは、とても思えません。

もう一度、最初のコンセプト、つまりSNSの中での簡潔な決済サービスの提供という原点に戻って欲しいと思います。

とはいえ、Gumroadにも足らざるところがあるのは確かです。それはSNS内での売買というコンセプトに拘り過ぎて、それ以外でのアクセスや購入の術が無いことです。基本コンセプトを守りながら、Gumroadの足らざるところを補う…、そうしたサイトに、Ameroadさんには成って欲しいと思います。

具体的には、商品の陳列ではなく、売り手を陳列するというサイト構成です。

ちょっと長くなりましたので、続きは次回に^^


↓もし記事が気に入ったら、おひねりをお願いします^^;
おひねり

Ameroadの気になる今後

とっても応援しているがゆえに、つい色々と書いてしまいます^^。



■今のサイトの構成は疑問

今のAmeroadは、商品がメインコンテンツです。トップページには売れ筋商品などの画像が大きく並び、カテゴリ分けされたページも、ズラズラと商品が並びます。

これでは、たいていの人が、Ameroadはストアだと思ってしまうのではないでしょうか。しかし、Ameroadがストアだと認識されることは、あまり良いことだとは思えません。

もし出品者が、Ameroadをストアだと認識すれば、最初こそ出品の手軽さを評価しても、やがて売れるストアか否かで評価するようになるでしょう。つまり、売れる為に必要な集客をAmeroadの仕事だと勘違いするということです。結果的に人の集まるサイトになるのなら素晴らしいのですが、出品者側から集客まで期待されてしまっては、Ameroadとしては厳しいのではないでしょうか。

ツイッターの制限を外したことで、今まで以上に誰でも出品者になれます。人が増えれば、上記のような勘違いも増えるでしょうし、それは直ぐに失望に繋がるかもしれません。目的としないところで評価を下されてしまう…ストアという見た目に、そんな危惧を感じてしまいます。

※もちろん、Ameroadさんがストアとしてのサイトやサービスを目指しているのなら、私の全くの勘違いですが。


では、どんなサイト構成が良いのかを、次回に妄想してみます^^

それでは、また。


↓もし記事が気に入ったら、おひねりをお願いします^^;
おひねり

ん?? アメポイントってなんだ!?

ツイッターで教えて貰ったのですが、Ameroadに、新しい支払方法が追加されたようです。…たぶん^^;


■ひっそりと現れたアメポイント


すくなくとも昨日(14日)の午前中には、ありませんでした。昨日の午後か夜に出現したようです。なにしろ、Ameroadのトップページにも、公式サイトにも、何も案内が書かれていません。(今現在のところ)

個別の商品のページにアクセスして、「このアイテムを買う」というボタンをクリックして、支払方法の選択画面のところで、やっと今までの支払い方法にプラスして、「アメポイントで今すぐ購入」という言葉を見ることが出来ます。

妙に、ひそやかです…^^)


-----------------------------------------------------------------------

■アメポイントを使ってみた(アメポイント購入)

なにはともあれ、とにかく使ってみました。

・商品のページで、「このアイテムを買う」をクリックすると、以下の画面が開きます。

amepoint01.jpg



・一番下の、「アメポイントでいますぐ購入」をクリックします。
アメポイントを持ってないと、購入するよう促してきます。

amepoint02.jpg



・アメポイントを買うを選ぶと購入画面に

すると、アメポイントの購入画面になり、支払方法の選択が表示されます。
これって要は、アメポイントも一つの商品と同じように扱われるということのようです。

amepoint03.jpg



・アメポイント購入にも手数料は掛かる
アメポイントが一つの商品として扱われる以上、アメポイントの購入にも支払方法によってそれぞれ手数料が掛かります。

amepoint04.jpg



・アメポイントを購入

購入画面は、通常の商品と同じ流れですから省略しました。購入するとこんな画面が出ます。

amepoint05.jpg

アメポイントの購入はここまで。




-----------------------------------------------------------------------

■アメポイントを使ってみた(商品の購入)

・アメポイントで商品を購入する
買いたい商品のページに戻って、「このアイテムを買う」をクリック。

amepoint006.jpg



・支払方法でアメポイントを選択

amepoint01.jpg




・持っているアメポイントで支払
自分の持っているアメポイントが表示されます。購入をクリックすれば、それで完了。
アメポイントを持っていれば、実にスピーディです。

amepoint07.jpg




-----------------------------------------------------------------------

■販売者の側から見ると


さて、アメポイントでの購入方法は判りましたが、これって販売者側にはどう影響するんでしょう? アメポイントで買われると、販売者にもアメポイントでの売り上げとなってしまうのでしょうか?

実際にやってみたところ、販売者側の売り上げは、他の支払方法と同じように扱われ、金額として足されていました。




-----------------------------------------------------------------------

■アメポイントの意味は?


さて、アメポイントを使ってみましたが、これはどんな意味があるのでしょう?

購入者側から見れば、事前に一定のアメポイントを買っておくと、個々の商品を買う時に多少は手続きがスムーズになります。しかし、余ってしまったら使い道の無いアメポイントを、その為に買っておく意味があるでしょうか?

また、販売者側からすれば、特に今までとは違いが無いようです。

ひっそり現れたアメポイントですから、まだ布石を打っている段階で、あとで驚く仕掛けかもしれません。あるいは、以前に、どう使う? Gumroad、Ameroad?に書いたようなポイント制に近づくのかもしれません。

今後の展開に注目ですね。なにしろ爆走Ameroadさんですから^^;


それでは、また。


↓もし記事が気に入ったら、おひねりを^^;
おひねり


| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。