スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

猫が…

売られちゃってます…^^

アメ猫

私も、この猫、けっこう気に入ってます。
まだ、名前が無いんですね~

なんとなく、「アメ猫」って名前なのかと思ってました。



■どんどん良くなるAmeroadだが…

Ameroadのサイトが、細かな修正を次々と行い、次第にまとまりのある、使いやすいサイトになって来たようです。レビューの一部がトップページにも表示されたり、ナビゲーションボタンもスッキリしたり…ログインボタンの巨大さは相変わらずですが…^^; ストア的な機能としては、充分なレベルになったと思います。

しかし、リンク決済サービスとしての意味では、元になったGumroadからの進化が無いように思います。もちろんGumroadに較べて遥かに多様で安心出来る決済方法がAmeroadにはあります。それは大きな利点ですが、それ以外ではGumroadと何ら変わらないままです。

サイトをストア的に充実させても、Ameroadが賑わえば賑わうほど個々の商品が埋もれていくという、従来のストアと同じジレンマに陥るだけです。リンク決済の本来の意味である、自分のSNSで宣伝して買ってもらうというコンセプトに対して、ストア的な機能の充実は、あまり意味を持たないのではないでしょうか。



■閲覧数と販売数の関係

Ameroadでの販売数を見ていますと、その商品の閲覧数と強く比例しているように思えます。そして、その商品の閲覧数は、Ameroadのサイトでの掲載位置よりも、個々の出品者さんのソーシャルネットでの知名度、つまりフォロアー数などによって大きく影響されているようです。

同じAmeroadのトップページにあっても、片方は1万に近い閲覧数、片方は100に満たない閲覧数。それはそのまま販売数にも直結しています。Ameroadが、そもそもソーシャルネットを前提としたサービスですから、販売者のソーシャルネットでの知名度が決定的だというのは当然のことでしょう。

つまり、どんなにAmeroadのサイトが改良されても、またアクセスが増えても、それぞれの商品の売り上げに直結しないでしょう。また販売者が、Ameroadという場の宣伝力に期待するのも間違っています。自分のソーシャルネットでの影響力を高めるしか、販売数を増やす方法は無いでしょう。



■必要なのはイベント?

とは言っても、フォロアー数が1000人にも満たない人たちが、ソーシャルネットでの影響力を高めるのは簡単ではありませんし、とても時間の掛かるものでしょう。しかし、せっかくAmeroadで販売しているという共通点があるのですから、販売者同士が、なにかの方法で繋がれば、互いを助け合うことが出来るかもしれません。

同時に、Ameroadさんも、そのようなイベントを企画した方が、より盛り上がるのではないでしょうか? 個々の販売者の現在の知名度だけで、販売数が決定的に決まってしまうなら、売り手の数が伸びないままということに成りかねません。

リンク決済サービスを、ユーザ側でもサービス側でも盛り上げる為は、サイトの改善だけでなく、互いが繋がりあえるイベント企画が重要ではないかと思うのですが…。

それではまた。


↓もし記事が気に入ったら、おひねりを^^;
おひねり









スポンサーサイト

Postorって?


同人販売最大手と言われる、DLsite.com が、Postorというサイトをオープンしたようです。Gumroadと同じような感嘆さと、自分のソーシャルネットでの告知を謳っていますが、詳細はどうなんでしょう?

現在、公開されている情報を整理してみました。



■DLsite.comのサークル登録(無料)が必要

まず、コンテンツを販売する人は、DLsite.comへのサークル登録(ユーザ登録?)が必須です。いきなりここで、最初のハードルが現れます。AmeroadやGumroadの簡単さとは、最初から違うようです。



■スタッフによるコンテンツ内容のチェック

次のハードルです。海賊版などを懸念する人からすれば、こうしたスタッフによるチェックがあるのは安心かもしれません。しかし、それなら今までのダウンロードショップで良いわけです。AmeroadやGumroadを意識したかのようなサービスなのに、最初からハードル続きなのは、ちょっと理解出来ません。



■販売価格は100円均一

販売価格は一律100円に定められていますが、これもちょっと理由が判りません。なにを狙った措置なのでしょう?



■データの容量は20MB以内

同人作品というジャンルに絞り込んでいるから、この容量なのでしょうか? それとも100円均一なのだから、その容量以内に収まる程度のもので良いということでしょうか?



■支払最低額は3千円

これまた、高いハードルです。しかし、どうやらDLsite.comでの売り上げと合算されるようです。また、「送金に係る金融機関の送金手数料はPostorが負担」ということですので、購入者側に全ての負担が掛かるようです。



■システム使用料は?

規約から、その部分を抜き出してみます。

第10条 本サイトの利用料金及び支払い
本サイトの利用料金の支払いに関しては、利用者はPostorが提供する支払い方法を選択し、Postorで決済します。
本サイトの利用料金は商品ごとに決済ページで表示され、算定方法およびその支払い方法なども決済ページに表示されます。なお、個別に支払い方法などが規定されている場合には、その条件に従うものとします。利用者は、利用料金などに係わる消費税およびその他、賦課される税を負担するものとします。


購入者が負担するようですが、その額は決済ページに行かないと判らないようです。先の振込み手数料の件も含まれるでしょうから、かなりの負担になりそうな気がします。



■従来のダウンロードショップと、何が違うの?


AmeroadやGumroadと同じようなサービスをイメージさせますが、内容を見ると従来のダウンロードショップそのままのように思えます。いったい何が違って、どんなメリットがあるのでしょう?



■狙いは、サンプルによる宣伝?

書いている途中で気が付いたのですが、このPostorというサービスの目的は、DLsite.comへの集客なのかもしれません。100円均一、20メガ制限、これらは、作家やサークルのサンプル作品の出品をイメージしているのではないでしょうか?

気にってくれれば、同じ作家のボリュームのある作品をDLsite.comで購入する…そんな誘導の為のサービスに、今の時点では見えます。つまり、従来のダウンロードショップを補完する追加サービス機能のようなものでしょうか。

もしそうであれば、従来のDLsite.comのユーザにはメリットのあるサービスでしょうが、新しいニーズを生み出すかもしれないAmeroadやGumroadとは、まったく別なものだと言えるでしょう。


とりあえず、今時点での感想です。

それでは、また!


↓もし記事が気に入ったら、おひねりを投げてやって下さい^^;
おひねり

おひねり

「おひねり」って、よく舞台の芸人や役者さんに投げるヤツで、心付けや祝儀のお金を紙にくるんで、キュっとねじったものです。

それをイメージしたのが、↓このイラストです。

おひねり

おひねりは、一つより、二つ、二つより三つの方が、縁起が良いのだそうです(ウソ)。

えへへ^^)

aqindoさんは、まだ不安定?(追記あり)

昨日、新サービスの登場とご紹介したaqindoですが、どうもまだ不安定のようです。
【速報】 またまた新サービスが! 「「Aqindo」(商人)」

現時点では、ブラウザをFirefoxにしてアクセスすると、ファイルのアップロードが出来ません。「GoogleChromeでは出来たよ!」と、教えて頂いたので、今度はSafariで試してみたところ、ファイルのアップロードは出来ましたが、サムネイル画像の登録が、三度やっても出来ませんでした。

ここでギブアップ…。

全然、簡単じゃありませんでした。



しかもこのトラブルを、昨日から今日の午前中に渡って、何度かツイートしたのですが、aqindoの運営さんからは何の反応も有りませんでした。aqindoへの登録はツイッターアカウントが必須条件ですが、どうやら肝心の運営側は、ツイッターを活用していないようです。公式アカウントらしきものをチェックすると、何も呟いていないし、何も書かれていませんでした。

えっと、プレス発表までして、コレですか?

ほんとうに、やる気あるんでしょうか?

っていうか、発表した後の反応とか、気に成らないんでしょうか?

★追記
本日午後2時過ぎから、「Aqindo」さんの公式ツイッターアカウント、@aqindo_jpさんが呟きを開始しました。問題点を指摘したところ、対処を約束して下さいました。今後に期待させて頂きます。



システム使用料については、GumroadとAmeroadの中間のような仕様で、主要な価格帯も少し高目を狙っているような料金でしたので、第三の選択肢になるのかと期待していました。それぞれの比較記事を書こうと、考えてもいました。

なのに…。

いきなりガックリです。

どうしたんでしょう?

これまでのことは、ちょっとした間違いで、これから猛然とやる気を見せてくれるのでしょうか?

そう期待したいです。


それでは、また。

【速報】 またまた新サービスが! 「「Aqindo」(商人)」

TL見てたら、またまた新しいサービスが登場したようです。

その名も、「「Aqindo」(商人)」。

どうみても、純粋国産サービスです^^



まだベータ版だそうですが、とにかくオープンしています。

プレス発表は以下のリンクで
FacebookやTwitter上で個人間のデータ販売が可能に 
利用料無料のソーシャル決済サービス「aqindo(あきんど)」β提供開始



「Aqindo」のサイトは以下のリンクで
http://aqindo.com/


売り上げの代金の支払いについては、以下のリンクの第4条で
http://aqindo.com/page/rule


購入者が負担する決済代行手数料、販売者が負担する送金手数料は、以下のリンクで
http://aqindo.com/page/charge



ざっと読んだ範囲で、とりあえず纏めます。

■利用資格
 ・18歳以上
 ・Twitterアカウントを有すること

■支払い方法
 ・Paypalアカウント
 ・クレジットカード

■購入者側負担
 ・商品代金の5%+40円(税別)

■販売者側の負担
 ・指定口座へ振り込む為の、送金手数料
  PayPalへの送金=送金額の3.9%+40円(変動する場合があります)
  銀行または信用金庫への送金=送金額の3%+各金融機関で定める振り込み手数料

■最低支払い額
 ・1,000円
 ・最後に売上が発生した日から1年を経過、または本サービスが中止された時点で、未払金の累計額が1,000円を超えない場合は、未払金の請求権は消滅。


以上です。
まだ、ざっとしか見て無いので、間違いや修正があるかもしれません。
しかし、GumroadやAmeroadの、強力なライバルになるかもしれませんね。

とりいそぎ、これまで。


| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。